魅力プロデューサー♪奈保

イメージ戦略を得意としています🌟
あなたの夢をファッションで「見える化」しませんか。マイスタイルを確立するためのサロン【マチュアリズム】主催しています。2017年より『見た目改善プロジェクト』と称し、大人のモテる男を創るコンサルティングを開始しました🎵
パーソナルカラー・骨格診断では素敵になれないと感じているあなたには、ぜひ訪れてほしいです💝

記事一覧(6)

「こうありたい私」に近づけるのがファッションの力

先日、こちらのブログでも「骨格診断」だけで判断すると似合うファッションを選ぶのがむずかしくなる、ということを実際にコンサルティングを受けて下さったお客様の感想をもとに、お話いたしました。もう少し、詳細に解説してみたいと思います。外見を判断するポイントは、顔、メイク、ヘアスタイル、ボディ、そしてファッションです。ファッションでは、色・形・素材・・・によって、様々なコーディネートが可能になります。ところで、あなたは人を見るときに、どの部分を真っ先に見ますか?あるいは、どの部分があなたにとって最も強いインパクトを残しますか?この問いには、あなた自身の価値観が反映されています。例えば、私だったら、まず第一にその人の全体のバランス、スタイルが目に入ります。その人らしさが全体のバランスにうまくマッチしていて、【魅力】が表現されているかどうか。それは、2~3秒のことです。その後に、髪のツヤ、肌の透明感、目の輝き、ケアがされているかどうか・・・そうしたことが目に入ります。骨格に合ったデザイン、素材の服をまとっているかどうかというのは、全体のバランスの決め手となりますから、とても重要な要素です。私の価値観は「バランス」「マイ・スタイル」「魅力」というのがキーワード。そして、私がお手本にしているのは超・セレブのモデルさん。その人は・・・

骨格診断だけで判断すると・・・

先日、イメージコンサルティングを行いました。40代の女性のお客様です。仮に愛子さんとしましょう。愛子さんはとてもお洒落に関心のある方で、すでに別の場所でパーソナルカラーと骨格診断を受けておられました。しかし・・・!骨格診断では「ウエーブ」タイプと診断され、提案されたお洋服がどうしても好きになれず、ファッションが楽しめなくなってしまっていたのでした(*_*;このようなことは、よくありがちです。近年、「骨格診断」という本が出版されて、一般の女性たちが自分の骨格を診断し、似合うファッションやデザインを知ることができるようになりました。そのこと自体はとてもよいことなのですが、コトはそう簡単ではありません。「骨格診断」では、「ストレート」、「ウエーブ」、「ナチュラル」と3つに分類しています。大勢の人たちに向けた公式本では、致し方ありませんが、そもそも3タイプで診断するなんてナンセンスではありませんか?愛子さんは、いくつかの点で「ウエーブ」と診断されました。「ウエーブ」の方の特徴は、筋肉がつきにくく脂肪がつきやすい、身体に厚みはなく平面的、なで肩、皮膚が柔らかな質感、優しく柔らかいイメージなど。確かに、愛子さんは「直線」か「曲線」かと言えば、ボディの印象は丸みのある「曲線」です。でも、お顔の印象は決して「曲線」ではないんですね。また、肩もなで肩ではなくストレートで、しっかりとした肩幅をお持ちです。小柄でぽっちゃりした部分と、お顔の直線的な部分がミックスされています。また、好きなファッションは決して「フリルのある可愛らしいデザイン」や「フレアースカート」ではないわけです。ファッションのコンサルティングは、もちろん、その人が一番素敵に見える色と素材、柄、デザインをご提案することです。が、ご本人の「こうなりたい私」を無視したご提案に果たして意味があるでしょうか。ファッションとは、楽しくなければならないと私は思います。

色・形・素材・柄

イメージコンサルタント=カラーを診断する人というように勘違いされている方が、まだいらっしゃるようです。その人の生まれ持った肌・瞳の色・地肌から診断するパーソナルカラーが重要な要素であることはもちろんですが、素敵に見せるためには色だけでは不十分です。色・形・素材・柄このすべてがその人にマッチしていて、個性を引き出しているそれが、似合うということ。さらに素敵に見せるということです。形や素材って?柄って?どのように診断するの?という疑問を持つ方に、ブログで簡単にご説明してみたいと思います。●イメージ分析●体型分析この2つがとても重要な要素になります。「イメージ分析」の第一歩は、その人が少し遠くから入ってきた時に人が感じる印象をまずとらえるところから。大きく2通りのタイプに分けます。※顔のパーツのインパクトが強い ➡ フェイス型※全体像から感じる印象が強い ➡ バランス型前者では、菅野美穂さん、松田聖子さん、蛯原友里さん、佐々木希さん、堀北真希さん、北川景子さん、壇れいさん、黒木瞳さん、吉永小百合さん、など。後者では、篠原涼子さん、今井美樹さん、吉瀬美智子さん、長澤まさみさん、松原すみれさん、宮崎あおいさん、蒼井優さん、木村多江さん、樋口可南子さん、プロダンサーたち。ちなみに、その両方を合わせ持つ方もいらっしゃいます。例えば、米倉涼子さん、藤原紀香さん、安室奈美恵さん、SHIHOさん、小池栄子さん、菜々緒さん、ヨンアさん、など。顔の可愛さや美しさが際立っている、という方はフェイス型です。また、全体的に小柄の方や平均身長の方が多いでしょう。バランス型は、ボディの印象の強い方(長身のモデルやダンサーはこれに当たります)と、華奢さや、ぽっちゃりなどが全体に見て魅力の大きな要素になっている方とに分かれます。ご自分はどちらのタイプになるのか、想像がつきますか。21世紀は「セルフブランディング」(自分の個性を際立たせ魅力にしてゆくこと)が必要な時代です。ぜひ、参考になさってください。「体型分析」も非常に重要です。体型は、主に肩と腰骨で見ます。なで肩かストレート、いかり肩。腰骨は前側についているのか、横張りか。そして、ウエストのくびれとヒップの大きさと位置、脚の長さ、足の大きさ、上半身と下半身のどちらにボリュームがあるか、などを総合的に見て判断します。なで肩の方にとってかっちりとしたテーラードジャケットや、トレンチコートを着こなすのは難関です。きちんとした装いで、もっと似合う形があります。筋肉質の方が、フリルのついたパフスリーブのブラウスを着たらどうでしょう。可愛いタイプのトップスでしたら、他にたくさんあります。実際のコンサルティングでは、「イメージ分析」+「体型分析」+「パーソナルカラー」を十分に見て、お似合いのファッションシートを作成していきます。